どうなっちゃうんでしょ・・・   

ほんとうに、ユノとチャンミンの考えなのかなぁ?
だとしたら・・・・・(-"-;)

ユンホとチャンミンが2日、事務所を通して自身の立場を明らかにした。

「<東方神起>を誕生させたSMエンターテイメント以外では、<東方神起>は存在できない」
と話した2人は、「<東方神起>を一番理解し、最高の歌手へと導いてくれた
SMエンターテイメントという場所は、3人(ユチョン、ジェジュン、ジュンス)もよく理解していると思う。
今後もSMエンターテイメント以外の他の事務所で活動する意思はない」と心境を伝えている。

続けて「これ以上、<東方神起>の未来が不透明となる前に、来年の春から韓国活動を
スタートさせる予定。そのために、遅くても6か月前から準備をしなければ、と考えている。
3人のメンバーも<東方神起>としての活動を心から望んでいるのであれば、手遅れとなる前に、
決断をくだしてほしい」と3人への思いも明らかにした。

また、3人のメンバーが参加した化粧品事業へ同席しなかった理由として
「所属事務所との協議なしにメンバー個人へ接近し、進められている化粧品事業ということで、
今後問題になると判断したため出席しなかった」と説明している。


以下は、事務所側が配布したメンバー、チャンミンとユンホの立場表明を記した文書内容。

<東方神起>メンバー、チョン・ユンホ、シム・チャンミンです。
3メンバー(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)が仮処分申請を提出してから、
なぜこのような状況になったのかについて多くの質問をいただきました。
3名が化粧品事業を始めた頃からすべてが変わっていったように思います。

常識的な考えを持っても、東方神起と化粧品事業を推進するためにはまず、
SMエンターテインメントと話し合いの場を持つことが当然であったと考えます。
しかし事務所との協議も行わず、メンバー個人に接近し事業を進行する化粧品会社では
問題が生じることは目に見えていると思いましたし、とてもこのような事業に参加することは
できませんでした。
また、わたしたちが苦労し努力を重ねて作り上げてきた東方神起の名誉とイメージが、
化粧品会社によって壊されていくことを望みませんでした。

わたしたちはこの化粧品会社と3メンバーがどのような約束をしたのか、どのような話をしたのか
この事業でどれほど大きな利益を得たのかは分かりません。しかし、5年間、同じ夢に向かい、
ともに作ってきた東方神起が今回の事業によって崩れることは、納得も行かず受け入れることが
できません。
今起こっている現実が、夢のようであり信じがたいことです。
3メンバーが、化粧品事業を始める前、同じ夢を持っていたあの時に戻ってくることを願っています。  (WoW!Koreaの記事




朝鮮日報の記事

・「グループ活動は契約に従うべき」SMが見解

・東方神起3人に所属事務所が最後通告
・事務所側が損害賠償請求へ


   SMも、強気だねぇ・・・
   記事を読んでる限り、
   これって、3人もある程度折れないと・・・・
   損害賠償は取られるは、解散しないといけなくなるゎ・・・・・、ヤバいんじゃないの?
   って思うけど、カシちゃん達は、こういう記事を信じるな・・って言ってますね。
[PR]

by yumyon6 | 2009-11-03 14:10 | TVXQ

<< ファンのかたのブログ あらっ >>